TOPへ] [会長・幹事挨拶] [クラブ組織] [本年度の主な行事
クラブ同好会] [主な社会奉仕活動][新潟万代ロータリークラブへのお誘い
用語便覧] [リンク集] [会員用
会長挨拶 小山 恒弘

2016−17年度スローガン
「融和と協調」


新潟万代ロータリークラブ2016年〜2017年度
小山恒弘会長


この度、新潟万代ロータリークラブ2016−2017年度会長を仰せつかりました小山恒弘です。当年度は、親睦関係に精通された清野元雅さんに幹事をお引き受けいただき大変心強く思っております。
また、次年度には我が新潟万代ロータリークラブから初めて新保清久さんがガバナーとなる大事な準備年度でもあります。気を引き締めていきたいと思いますのでよろしくお願いいたします。

国際ロータリージョンF.ジャーム会長の2016−2017年度のテーマは「人類に奉仕するロータリー」です。

第2560地区田中政春ガバナーの2016−2017年度のテーマは「基本を学び、地域と共に」です。

さて、新潟万代ロータリークラブ2016−2017年度テーマは「融和と協調」としました。
融和とは「うちとけて互いに親しくなること」です。これは前々年度、前年度会長方針にある「和気あいあい」の継承です。やはりクラブ活動を円滑に進めていくためには、会員同士の親睦を深めお互いがクラブ活動に積極的に参加しやすい環境を作ることでロータリークラブの理念の礎である奉仕活動や地域活動が充実されるものと思います。
また、協調は異なった環境や立場にいる複数のものが互いに助け合ったり譲り合ったりしながら同じ目標に向かって任務を遂行する素質が協調性であります。冒頭に述べましたように2016−2017年度は新保清久さんがガバナーエレクトとして本番前の大切な準備期間であり、また、25周年という節目の前年の準備年度です。この大切な時期に我が新潟万代ロータリークラブ会員全員が一丸となって新保ガバナーを後押しし、25周年の準備を行わなければならない年度です。まさに仕事環境の違う会員が助け合い譲り合い同じ目標に向かって頑張ろうということです。


重点目標
1 新保ガバナー年度に向けて万全な準備
  今年度は新保ガバナーエレクト年度です。すでに今年度より行事が開始されます。また次年度には地区大会本番がまっております。
  その為の万全な準備を会員一丸となって協力をしていきましょう。
2 会員増強の推進(40歳未満の会員率向上)
  会員増強につきましては、今年度地区目標は3%の純増及び40歳未満の会員率を10%以上にするとなっております。
  前年度末が36名でしたが、前年度、皆様のご尽力により本日熊倉さんと渡辺さんをお迎えしたことで3%は達成しておりますが、次年度の新保ガバナー年度を40名以上で迎えたく皆様にはもうひと頑張りをお願いいたします。
3 奉仕活動の計画
  ここ数年、地区補助金を利用した身近な奉仕活動は実施していないのが現状です。
  この地区補助金を利用した事業は当年度に申請し、翌年度に実施というスタイルになるため、当年度中に次年度、つまり新保ガバナー年度に向けての一つの事業として捉え皆様から意見をいただき実行に向けていきたいと思います。
4 CLPの徹底
  現在我がクラブはCLP(クラブリーダーシッププラン)を採用しております。
  これは、他のクラブには少ない部門長の存在がそれです。
  CLPにはいろいろな項目がありますが、まずは、組織としてのCLPつまりクラブのリーダーを育てるため部門長と委員長及び委員の連携強化です。
具体的には、各委員会への連絡事項は部門長を通じて実施いたします。
  部門長より委員長へ案件を下していただき調整いただくことで部門内の情報を共有し部門長より各委員長・委員へ指導いただくことでリーダーが育っていくものと思います。
5 出席率の向上
  何といってもクラブの活性化には出席率の向上が不可欠です。今年度は出欠にこだわるということで、欠席連絡を徹底して行うこととします。また、新入会意の方はよほどの理由がない限り、地区行事及び特別例会には出席をしていただきたいと思います。方法については清野幹事よりご説明があると思います。今年度のテーマとさせていただきました融和の実現のためにも出席率は向上させましょう。
6 各委員会活動のクラブ内情報共有
  各委員会は年度中に地区行事などの参加をされますが、その報告を委員会報告もしくは卓話形式にて必ず実施いただくことで、クラブ内の情報共有を図り各委員会がどんな活動を行っているのか、また、自分がその委員会になったとき何をすべきかを伝えていくことか重要であると思います。
7 その他
@ 伊藤年度において実施されていたシステムは継承してまいります。
  会長以外の時間、にこにこシステム(締め切りタイミング・写真)、例会の席順の抽選など
A ロータリー行事参加時にはロータリーバッジをつけることを徹底します。
常識ではあると思いますが、忘れた方用に親睦委員会が受付にて予備をご用意し、1回100円にて貸し出すことといたしました。

数値目標
会員増強       40名以上(現在36名)
出席率        86%以上
米山奨学寄付     1人当たり20,000円以上
ロータリー財団寄付  年次基金   1人当たり150米ドル以上
           ポリオプラス寄付 1人当たり15米ドル
ニコニコボックス   60万円以上

以上


 

幹事挨拶 清野 元雅
新潟万代ロータリークラブ2016年〜2017年度
清野元雅幹事


小山次年度会長のクラブのテーマ「融和と協調」に沿うべくクラブの親睦をよりいっそう深めていきたいと思います。

 会員同士が誰とでも気軽に話が出来るよう会を運営し、各部門長、委員長と連携して例会を楽しく盛り上げて行きます。
例会に出るのが楽しみ、というような取り組みを考えていきます。

また、小山会長が言われた通り新保年度の準備年度として新潟万代RC一丸となって取り組む体制に協力していきます。
小山会長の7つの重点目標に対して幹事として協力していきます。

1,新保ガバナー年度に向けて各実行委員長と行事の打合せをしながら準備を進めていきます。
 
2,会員増強推進として会員増強委員長及び委員を中心に戦略を練っていきます。
 そして目標会員数を超して行きたいと思います。

3,新保ガバナー年度に向けた奉仕活動の計画として地区補助金の活用が出来るものを考えます。

4,CLPを徹底するため各委員会は部門長を中心に活動していただきます。
 会長・幹事はクラブ発展に向けて各部門会議に出席させていただきます。

5,出席率の向上として 会員が例会に欠席する場合は欠席することがわかり次第、必ず幹事にメールか電話で連絡をしていただきたいと思います。
例会の食事の無駄を省くためにも欠席は必ず連絡していただきます。
 欠席の場合は必ずメークアップをしていただく事を徹底します
毎月、特別例会表を会員全員に送ります。
新会員の方々は特別例会、合同例会、地区の行事等は基本的には義務参加とさせていただきます。

6.各委員会活動のクラブ内情報共有として委員会活動があった場合は議事録または報告書を作っていただきます。
 それを委員会報告もしくは卓話で発表していただきたいと思います。
 その内容は週報に載せていただきます。

7.伊藤年度でのシステムを継承し、会長、SAA、親睦委員会と連携しながら、他にも良いものを考えて実践していきたいと思います。 

 小山会長の数値目標を達成するように部門長・委員長はじめ皆様のご協力をお願い致します。
これから1年、皆様方のお力添えを賜りながら、小山会長とともにより良いクラブを運営していきたいと思っております。
最後に会員の皆様方が感じた事、良いことも、悪いことも何でも幹事にお話しください。
ご意見を伺いながらクラブをより良くしていきたいと思いますのでよろしくお願い致します。


数値目標
会員増強 40名(現在38名)
米山奨学寄付    1人当たり20,000円以上
ロータリー財団寄付 1人当たり150米ドル以上
ニコニコBOX目標 600,000円以上
ポリオ特別寄付金  1人当たり15米ドル以上

以上

新潟万代ロータリークラブ